なつが保育園に通っていたときの話です


※今回も文章が長いです
副園長先生に対しての不安が詰まっているので
そういった内容が苦手な方はご注意ください


1-38-1

1-38-2





当時の冬パパは仕事が忙しく
帰りも遅くて平日はなつに会える時間がほとんどなかったので
保育園の話は
できる限り冬パパにも話していました

あざの件も
1歳児を何人も見るのは大変だけど
2回は心配とお互い同じように感じたので
園長先生に報告というか
話をしておこうと言う話になりました

でも送る時に園長室を見てもいらっしゃらなくて
(帰りはギリギリ過ぎて時間が取れないので)
会えずに時間が過ぎていっていました

園長先生も作業をしているので常にいないのは当たり前なんですが
見つけても取り込み中で
こちらの出勤時間に間に合わなくなりそうで帰ることも何度かあり
園長先生の多忙さを目の当たりにしました

そんな時のお迎えで
普段延長保育の教室近くにいても
目が合わず話をしない副園長先生が話しかけてきました

お迎えが遅くなってるから前と同じくらいに来れないかということでした

「なつちゃんのクラスで
最終時間まで待ってるのなつちゃんだけです。
他の方は4時5時には迎えに来てるんですよ」

とも言っていました

えー∑(゚Д゚)
他の方と同じ職場じゃないですし
時短勤務をできる職場だけではないので
(その時のなつのクラスにいたお母さんたちは、時短かパートタイムだったようです)
4時5時にお迎えに来るには仕事辞めなきゃです…
6時半まで延長保育をしていて
仕事の勤務時間と都合がつくからこの園を選んだのです

職場から保育園は自転車で全力で漕いで18分
鐘とともに帰宅しても、6時15分前にお迎えに来れないんです
来た事は1度もありません

確かに今25分前後~30分ギリギリのお迎えで
ご迷惑をお掛けしてしまっているし

少しでも早いお迎えのほうが
子どもにとっては良いのは分かります

副園長先生の言いたい事も分かるのですが
でも10分のお迎え時間短縮で変わるのだろうか…

入園前の園長先生との面接の時に
6時までの勤務で通勤が自転車で全力で18分かかる為
ギリギリのお迎えになってしまう事などを含め
入園してからの流れは伝えていて

それについて
園長先生からそれはちょっと…と言われた点はなかったので
副園長先生に言われた時は驚きました

しないでくださいと言われたのは
「お迎え前に買い物に寄って来ること」で
仕事が終わったらまっすぐお迎えに来て
買い物がある場合はお子さんを連れて行ってくださいとの事でした

職場から園まで買い物できるお店が一件もないのと
時間ギリギリなので
私はどっちみち無理だと思っていましたが

副園長先生は
迎えが遅くなったのは
お迎え前にどこかに寄ってきていると思ったのかもしれません

ただ25分頃お迎えに行くと
他の園児がいる中
ごみ集めなどをして閉める作業に集中していて
早く帰ってよという雰囲気というか表情に見える副園長先生
(30分の時はお迎えに使う入口から一番遠い室内廊下付近にいる)

時間は守らないといけないし
子どものために言ってくれているんだなと思いつつも
早く帰ってと思って言っているんじゃないかと感じてしまいました

子どもの事を考えたら
遅くまで預かってもらうのは負担があるでしょうし
それは年齢が低ければ低いほど大きいですよね

でも子どもが可哀想って
仕事や事情がある人が預ける保育園でそれを言われると…
何とも言えない気持ちになりました

15分前に来れた事はない事と
最初は職場の人が鐘とともに帰らせてくれていて早かった事
今それはできない為
帰宅時の業務と支度のためどうしても5分~10分はかかる事
決められている30分は絶対に過ぎないようにしますと話して帰りました

帰りながらこの副園長先生に対して不安が増して
今までの決めつけて話をするところとか
「ん?」と思った事を合わせて

園長先生から話がいっても
他の先生は分からないけど副園長先生は変わることはないだろうな
というかなつのクラスの責任者だから
なつへの風当たりが強くなるかもしれない…と思い始めました

預ける前は
モンスターペアレントにならないように注意しないといけないけど
何かおかしいと感じる事があったら言った方がいいと思っていました

ですが、実際に預けてみると
子どもの立場が心配で言えないというお母さんがいるのも
その気持ちも分かりました





保育園の記事に関して
全て書き終わるまでコメント欄は閉じさせていただきます

 



 

ブログ更新のモチベーションになっています
1日1回押して応援して下さると嬉しいです


人気ブログランキングへ