今日も1日やっとこさ

"なつ(5歳)とあき(2歳)との生活を毎日ギリギリの体力で回しています。 穏やかなお母さんに憧れていましたが、常にいっぱいいっぱいな母になりました(笑) 好きな絵で4コマブログを描くことでガス抜きをして、パワーチャージしています!"

タグ:臨月

なつの出産のときの話です促進剤2日目不安が顔に出ていたのか先生がいつものように笑って気持ちを軽くしてくれました「今日産みましょう」と言われ明日にはおなかの赤ちゃんが隣にいるんだ今日私産むんだ今日…!と、もう心臓がどんどこして気持ちが高まっているのにいまいち ... 続きを読む


なつの出産のときの話です



1-65-1
1-65-2




促進剤2日目
不安が顔に出ていたのか
先生がいつものように笑って気持ちを軽くしてくれました

「今日産みましょう」と言われ
明日にはおなかの赤ちゃんが隣にいるんだ
今日私産むんだ
今日…!
と、もう心臓がどんどこして気持ちが高まっているのに
いまいち実感がなく

定期的にNSTをチェックしてくれている看護師さんに
「良い波来てるよ。痛みはない?」
「痛かったら教えてね」
「今痛くないの?」
「ズレてないよね…うん。痛くなったらすぐ呼んでね」
「ちょっとでも痛かったら言ってね」
と頻繁に聞かれるので

痛みはほとんどないけど
そういやちょっと痛いかなー?という程度でも
メモして(不定期)伝えました

でも聞かれ過ぎてこっちが不安になるほど
痛みを感じなかったんです
雑誌読んでました←

その日は冬パパが休みで
朝メールで「今日産むそうです」と送ったんですが
立ち会いは希望していなかったし
(廊下で待っててもらう予定)
いてもたってもいられなかったようで
会社に顔を出したあとに病院に来た冬パパ

不安で心細かった私は
冬パパからもうすぐ着くとメールがあったので
心からホッとしました

そしたら緊張の糸が切れたのか
一気に痛みを感じ
しかももう結構なクライマックス感

ドドドドドドというか
ぎゅぅぅぅぅーん!というか
猛烈におなかを下して
今にもトイレに駆け込みたい感じ

陣痛だ!と思いました

でも変なところで現実的な初産婦だった私は
分娩中の大や小をできるだけ阻止したく

波の合間に
3歩でつく室内のトイレに
ハーハー言いながら休み休み移動し
用を足し
力を振り絞ってベットに戻りました




 

ブログ更新のモチベーションになっています
1日1回押して応援して下さると嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 

なつの出産のときの話ですバースプランに書いた「できたら院長先生の時に産みたいです」が叶いました病院によって対応が違うと思うのでこの病院は破水で緊急性がなければ自力で陣痛がつくのを待つ所だったのかもしれませんがとりあえず院長先生に取り上げてもらえると分かっ ... 続きを読む


なつの出産のときの話です





1-64-1

1-64-2




バースプランに書いた
「できたら院長先生の時に産みたいです」が
叶いました

病院によって対応が違うと思うので
この病院は破水で緊急性がなければ
自力で陣痛がつくのを待つ所だったのかもしれませんが

とりあえず
院長先生に取り上げてもらえると分かって安心できました

母子ともに健康で出産を終えるために
ここから先は毎日のように出産に関わっている
先生と看護師さんの言う通りに行動しようと思いました

体験談を一通り読んで
促進剤についても色々読んで
最初は正直不安でした

促進剤だけでなく
会陰切開についても恐怖だったし
導尿とかヒー!って思っていたし

でも一番大事な赤ちゃんとお母さんの為に必要なものですからね
ここまできたら覚悟を決めるぜ!

と自分の中の気持ちを無理やり整理して
入院初日を過ごしました

冬パパが雑誌やら飲み物やらを買ってきてくれて
しばらく話した後帰って行ったのですが

冬パパが帰った途端
モーレツに不安が襲ってきて
ビビりな私は震えました←

ちょっと痛いかな?という腹痛を逃さずキャッチして
陣痛に繋がるかも?きたかも?!とメモしては
不定期で痛みも無くなって…を繰り返し

落ち着かずとてもじゃないけど眠れないと思いつつ
いつ陣痛がくるか分からないので
眠れるときに寝て体力をつけなくては…と
横になりました

そしたら気持ちの良い朝でした←よく眠れてる

翌朝内診して促進剤がスタートしました

内診でもう涙出ましたよね
怖くて

こんなんで出産を乗り越えられるのかと
自分で自分が不安になりました

でも仕方ない
怖いもんは怖い

促進剤を打ったらすぐに陣痛がくるかも…と
身構えていたのですが

午前中来ず
午後も来ず
1日目が終了しました

もう
いつ来るかいつ来るかと構えているのも疲れて
破水して2日だし心配にもなって
(先生の判断なので信頼はあったのですが)

赤ちゃん生まれておいで!という気持ちと
まだドーンと構えきれずにいる往生際の悪い気持ちとで
ぐるぐるして
緊張してなかなか眠れませんでした

の割に結局ぐっすり眠れたんですけど(笑)





 
 

ブログ更新のモチベーションになっています
1日1回押して応援して下さると嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 

なつの出産のときの話です破水だったら急にドバっと出て道とか車を汚してしまうかもしれないので気を付けてそーっと移動してちょっと力を入れてみたりしていたのですが車に乗っている間になんかドバっとかちょろろーとかくる感じがないな…と思ってきてアンモニア臭もなかっ ... 続きを読む



なつの出産のときの話です







1-63-1
1-63-2




破水だったら
急にドバっと出て
道とか車を汚してしまうかもしれないので
気を付けてそーっと移動して
ちょっと力を入れてみたりしていたのですが

車に乗っている間に
なんかドバっとかちょろろーとか
くる感じがないな…と思ってきて

アンモニア臭もなかったけど
おなかが大きくなってくると漏れやすくなるともいうし
尿漏れだったのかも…という気持ちが強くなり

先に冬パパに謝っておきました←

病院について
看護師さんが検査の準備をしながら見た感じで
「破水…じゃないかなーおしっこかもねぇ」
と言ったので

わー、やっぱり勘違いだった!
恥ずかしいー!
と思ったら破水でした

当たってたのかΣ(・Д・)

高位破水で量が少なかったようです

判断が合っていてよかった
病院にいるからもう安心という気持ちと

破水ってことは
出産までのカウントダウン始まったってことですよね
という後戻りできない感に

まだ陣痛が来ない分
気持ちに逃げ出したくなる余裕があって
いつ来るか分からない陣痛に
そわそわする時間が始まりました





 
 

ブログ更新のモチベーションになっています
1日1回押して応援して下さると嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 

なつの出産のときの話ですこの頃不安なる→体験談読み漁る→体調の良い日は動いた方がいいと書いてある→やる気出て散歩に繰り出したり家事に精を出す→ふと不安になる以下略を繰り返していていました冬パパのいない時はいつ何があってもいいように準備をしてシュミレーショ ... 続きを読む


なつの出産のときの話です





1-62-1
1-62-2



この頃

不安なる
→体験談読み漁る
→体調の良い日は動いた方がいいと書いてある
→やる気出て散歩に繰り出したり家事に精を出す
→ふと不安になる
以下略

を繰り返していていました

冬パパのいない時は
いつ何があってもいいように
準備をして
シュミレーションして行動していたので
気を張っていたんですが

冬パパが休みの時は安心できるので
つい気が抜けていたようで

それがよかったのか悪かったのか
破水しました

ビビりますね
前兆無しの破水

「破水の時は」「おしるしの時は」「陣痛がきた時は」と
パターン別に覚えたのに

気が抜けてたので
頭に入れたアレコレも抜けてて
全く役に立ちませんでした←

とりあえずトイレで確認したのですが
生理のような感じで少量だったので
あれ?やだ尿漏れ?と
すぐ判断できず

持っていたナプキンをつけて
一度トイレを後にし
買った本(出産関連)で破水の場合のページを読み
またトイレに戻って確認しました

無色無臭で少量で
その後出てくる感じも無くなりましたが

破水をしたら感染などの心配もあると書いてあったので
お漏らしだったら恥ずかしいけど
安心できる方がいいので
病院に連絡しました

そして破水かチェックしてもらうため
入院となってもいいように荷物を持って病院に行きました

車で向かっている途中
これが破水でも破水じゃなくても
いよいよ出産に近づいているのを感じ
心臓がぎゅーっとなるほど心細くなりました

この気持ちが赤ちゃんに伝わってしまう
これから母になるんだから乗り越えなくちゃと思う気持ちもありましたが
それでもやっぱり
何があるか分からない出産

前向きな気持ちばかりではいられませんでした

きっと一人の時の破水だったら
不安になってる暇はない
やるしかないと思う気持ちが強く出たと思うのですが
冬パパが休みでいてくれたので
弱音を吐けたと言うか不安な気持ちを見ないふりしなくて済んだ気もします





 
 

ブログ更新のモチベーションになっています
1日1回押して応援して下さると嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 続きを読む